TNF

 

 

TNF工法とは

従来基礎工法を覆すローコスト地盤改良工法

                                                       

 TNF工法のメリット

 

特殊柱状改良工法

コスト性と攪拌能力を追及した柱状改良工法

〇他の柱状改良とのコスト比較をご推奨。

〇ラップル基礎(特殊工法)の代換えとしての効用。

〇最大深度20.5mまでの改良で技術評価を取得。

〇改良中でのコンピューターによる品質管理。

〇杭との大幅なコストダウンを実現。

スーパーラップルエルニード工法

〇 独立基礎で且つ造成体積100m3以上で大きなコストダウンを実現

〇 支持層、混合状況の全てが「目に見える施工」となり、誰もが分かりやすい工法です。

〇 これまで懸念されていた地下水も利用しながら改良体を構築できます。

〇 深度6mまでのラップル体を造成し、残土の大幅な削減と型枠不要が実現できます。

〇 有機質土等、従来改良が困難であった土質にも対応ができます。

 

GRRシート工法

  GRRシート工法とは、所定の厚みを確保した砕石地業の中にジオテキスタイルを敷設することで、砕石地業による地表面付近の剛性補強効果とGRRシートによる砕石層の変形拘束効果によって、支持力補強効果を得ることができる技術です。 従来の地盤改良工法では、少なからず専用重機を使用しなければなりませんが、GRRシート工法は全て人力作業で行う為、狭小地などでも対応が可能です。 また、表層部で支持させることより、深い層まで杭を打たなければならない場合や、地中埋設物を残したくない場合においても最適な工法となります。      
Copyright © 株式会社ヤマトアパレイユ All Rights Reserved.